プロフィール

ヤスユキ1978

Author:ヤスユキ1978
湘南フェザーファクトリー 
ウインドサーフスクールの
インストラクターによる海情報

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICE勢ぞろい&トゲモミジガイ

今日は朝から一日中4.0㎡ウエイブ。
特に朝早くは相当な風で20m/s近くの超強風でした。


PB301179_convert_20101130185738.jpg
話し戻って火曜日の午後スクールは、
イントラの僕も含めてスクール生の方も、
皆同じNORTHSAILS ICEのセイルでした。
といっても3人だけですが。

先日来日したブラウジーニョも愛用するICEは、
軽いハンドリングがウリのウエイブセイル。
女性や軽い手ごたえを好む男性には最適なセイルです。

そんなICEユーザーのFさんが、
西浜の石碑付近で見つけてきたのが、このヒトデ。
トゲモミジガイというそうです。

PB301183_convert_20101130185835.jpg
なんと裏側は針で埋め尽くされています。
こんなのが浜辺にいて踏んでしまったら、
と思うと恐ろしいですね。

ちなみに僕、中国でヒトデ食べたことあります。
ゴムみたいでかみきれませんでしたが。

そのヒトデについての解説。

モミジガイ科
トゲモミジガイ Astropecten polyacanthus
反口側(背側)と口側の双方に多くの棘を持ち、
通常反口側は暗褐色で、口側は 白~黄土色。
個体により色と形に大きな差がある。
よく似た種にモミジガイがあ
るが、モミジガイには反口側の棘がない。
見かけからは想像しにくいが、水中で
の移動速度はかなり速く、先端に吸盤を持たない
管足で砂を蹴るようにして歩 く。
体内にはフグ毒と同じテトロドトキシンを含有しており、
食すると中毒を起こすため要注意。
   by Wikipedia
スポンサーサイト

<< 2012年モデル? | ホーム | ズシミズスマシ? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。