プロフィール

ヤスユキ1978

Author:ヤスユキ1978
湘南フェザーファクトリー 
ウインドサーフスクールの
インストラクターによる海情報

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨今のGECKO

5 onehand gecko
最近自分の中でGECKOブームが再来しました。
フリースタイルボードではなく、
130L付近の大き目のフリーライドボードで
トライするGECKOが楽しすぎるからです。

GECKOとはノーズを沈めて一回転(UPWIND360°)する技です。

8 stop gecko - コピー
それを100Lくらいのフリスタボードでやると、
ノーズ~ジョイント付近まで沈みます。

しかし130L付近のボードの場合、
ノーズが沈んだ直後に浮力の強さから、
一気に浮き上がりノーズだけで
海面にたつような感じになります。

よって体はかなり高い位置まであがります。
足の位置の高さは海面から2mほどでしょうか。
すると頭位置は海面から3m程になるので、
ほんとにジャンプしているかのような浮遊感がでるのです。
今度撮影してお見せしますね。


130Lを越えるボードでもトライできるわけですから、
皆さんにとっても微風での練習範囲が広がったはずです

ちなみにノーズ形状が
fanatic11_skate_team.jpg
ラウンド型は回転スピードが早くなります。

fanatic-skate-2008_001.jpg
スクエア型は回転スピードが遅く、
逆に言えば沈んでから
一度止まった状態を作ることができます。

まずはご自分のボードのノーズをチェックしてみてください。
スポンサーサイト

<< HI-WINDデビュー | ホーム | HI-WINDのブラウジーニョ来日レポ >>


コメント

長いボードではゲコはできないと某イントラが言ったはずです。
おかしいなぁ。

Re: タイトルなし

南米ナイTOさん
できない×→しずらい◎
の間違いですよ。
なので南米ナイTOさんのボードでも勿論ゲコできますよ。
帰国後は猛特訓に入りましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。