プロフィール

ヤスユキ1978

Author:ヤスユキ1978
湘南フェザーファクトリー 
ウインドサーフスクールの
インストラクターによる海情報

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンボウ出現&六角橋商店街

最近逗子湾にて目撃情報が多いマンボウ。
結構大きいサイズなので見かけた方も
多いのではないでしょうか。

マンボウについてwikipediaで調べてみると
突っ込みどころ満載の面白い生態のようです。

manbo1.jpg


その一
英名はOcean sunfish、オーシャン・サンフィッシュ
時々海面にからだを横たえることもあり、
丸い体が浮かんでいる様が太陽のようであることから
"Sunfish" という英名がついたそうです。
この行動は寄生虫を海鳥に取ってもらうためとみられる。
さらに寄生虫を振り落とすために勢いをつけて
海面からジャンプすることもあり、
意外にパワフルな所もある。

なんて横柄な。。。
毎回自分でジャンプして振り落とそーよ


その二
最大で全長3.3 m、体重2.3 t にもおよぶフグの仲間らしい。

全長3mのマンボウが海にいたら怖いなぁ。。。


その三
丸い目と小さな口をもち、泳ぐときは背びれと
尻びれをパタパタとはばたかせ、
体の後ろのひれで舵をとる。

体とヒレの大きさのバランスがとれていない気がします


その四
メスが一度に産む卵の数は3億個ともいわれ、
最も多く卵を産む動物といわれる。
しかしマンボウの卵は親に保護されることもなく
海中を浮遊しながら発生するので、
ほとんどが他の動物に食べられてしまい、
成長できるのはごくわずかである。

保護しよーよ


その五
ふ化した稚魚は全身にとげがあり、
成魚とは似つかない金平糖のような姿をしている。
一時的にとげが長くなりハリセンボンのようにもなるが、
以後体が大きくなるにつれとげは短くなり、
マンボウ独特の姿に変わってゆく。

manbo2.jpg
金平糖→ハリセンボン→マンボウ
すげー


その六
水族館での飼育は非常に難しいとされてきた。
理由は餌をうまく食べられないのと
泳ぎが下手なため自ら水槽の 壁に体をぶつけて
傷つき弱っていくことであった。

魚のくせに泳ぎが下手って。。。


その七
日本ではたまに定置網などで漁獲され、食用にもなる。
鮮度が落ちると臭みが出て不味いため、
ほとんど現地で消費され、市場に流通することは少ない。

不味いんですね。。。



manbo3.jpg
全く関係無い話しですが
昨日は実家方面に帰り
友人と酒も飲まずに色々話しをしたのですが
地元六角橋商店街の仲見世通りを潰して
地下鉄の駅を作る案があるとのこと
あの商店街がなくなるのは寂しいなぁ
スポンサーサイト

<< 映画撮影打ち上げ&カリブ特集 | ホーム | ニュートリック&大沢さんのウインド&お勧めラーメン >>


コメント

ホットマン

ドラマの撮影現場のもなった、六角橋商店街、なくなるの寂しいね・・・・。
私も、そのなくなるかも。。。って噂聞いたよ~。

なかなか味のある商店街だもんね~。
でも、最近ちょっと寂れ気味・・・かも。。。。

はらしょさん
たしかに寂れ気味だけど
なくなるのは寂しい
小さなアジア料理街ができる噂もあるみたい

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。