プロフィール

ヤスユキ1978

Author:ヤスユキ1978
湘南フェザーファクトリー 
ウインドサーフスクールの
インストラクターによる海情報

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイルアップをしなくていい??

no sailup machine
セイルが倒れないシステムのジョイントベースを
スターボードが新開発したそうです。

スターボード、タブー、セバーン、ガストラなどの
日本のディストリビューターである、
マニューバーライン社のブログで発見しました。

http://blog.koreikura.com/maneuverline/article/10616

これなら水から抜く動作がないので、
女性、子供など力が無い方でも
簡単にウインドサーフィンがはじめられますね。

風下に流れてしまうので休憩できないのでは?
ボードが裏返しにひっくりかえるとどうなる?
などなど、疑問&心配な点も多々あります。

しかし、少しでも簡単にウインドサーファーを楽しめるようにと尽力し、
常にウインド界に新風を吹き込み続けるSTARBOARDには敬意を表し、
そのクリエイティブなアイデアには今後も期待させてもらいます。

こんなんは今後出来ないものでしょうか?

冬は温かく、夏は冷たく、と温度調節可能なブーム、

一本で全セイルサイズが貼れる、伸縮式なマスト

絶対割れない、けど軽いボード

セッティング次第でレースセイル、
ウエイブセイル、フリスタセイルにもなりうるマルチセイル。

真冬でも熱いくらい保温生抜群かつ
脱ぎ気が誰でも簡単にできるセミドライ。
スポンサーサイト

動体視力テスト

sisensisen.jpg
HI-WINDの「視線コントロール」の
原稿については、これまでの原稿より多くの
感想を聞かせてもらっています。

「重要なのはわかってはいるのに、できてないかも」との意見が多いようです。
僕のフラカ練習も同じ。
回転方向を見れたときは上手くいきますが
見てないと全くダメ。

ところで以前のブログにて
イチロー選手は並外れた優秀な
動体視力を持つと書きました。

http://windsurf.blog61.fc2.com/blog-entry-297.html

そこでイチロー選手が行ったものと同じ
動体視力テストが行えるページを発見しました。
皆さんもトライして頂き、
イチロー選手の凄さを感じてみてください。

http://www.seed.co.jp/mieru/mieru_gim_02_bn.html

本栖湖の魅力

800px-逆さ富士撮影モデル
フェザーファクトリーでは
6月6、7日と本栖湖レッスンツアーを開催いたします。

本栖湖は僕にとって、
これまで訪れた日本各地の中でも
ベスト3に入る,お気に入りなゲレンデです。

まずは、旅路がいいんです。
海の近くに住んでるというのに、
山の方へと車を走らせるイレギュラーな感じも楽しく、
富士山を眺めながら、
緑溢れる山道を走らせるドライブは
気持ちよくて全く苦になりません。


そしてゲレンデ。
周りに道路や住宅もないのでとにかく静かです。
プレーニングしたボードが海面をきりさく水の音と
セイルを返す音しか聞こえません。
「シャー」って感じの自分のジャイブ音を聞くのは快感です。

あと水が綺麗なのも魅力です。
ウインド終えると体がツルツルになってるように
感じるのは僕だけでしょうか。

魅力沢山の本栖湖ウインドサーフィン。
皆さんも体験してみませんか?

森戸ウインド遠足

2009年5月16日(土)に
森戸ウインド遠足&懇親会を行います。


ウインドで森戸海岸まで行き、現地で昼食をとり、
逗子海岸まで帰ってきます。

葉山の新緑を眺めながら往復約4kmの海上散歩。
きっと良い思い出になるはずですよ。
是非、ご参加ください。

詳しくは各スタッフまでお問い合わせください。

原稿掲載号、発売しました。

09061.jpg

先日も書き込みさせてもらいましたが
荒木執筆の原稿掲載の
HI-WIND 6月号が発売となりました。
(5月2日 マリン企画より全国書店にて発売)

掲載ページはP22~P31。

タイトルは
「The Eyes Correct Windsurfing 
細部を矯正し総合力を高める “視線コントロール”」
・DEMO BY 松田さん、荒木
・TEXT  BY 荒木
・PHOTO BY 里村さん

09062.jpg
この解説はウインドサーフィン以外の、
サーフィン、BB、スノーボードなどの
スポーツにも活きるであろう解説です。

撮影、編集の際にはフェザーメンバーの方にも、
眼の専門知識に関しては学生時代からの友人にも、
様々な方にお手伝いしていただきました。
本当にありがとうございました。

今回は合計10ページ、10,000文字の長編。
これで自分が書かせてもらった原稿は,
延べ100ページになりました。
一冊のハイウインドが作れますね。

では、是非読んでみてください。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。