プロフィール

ヤスユキ1978

Author:ヤスユキ1978
湘南フェザーファクトリー 
ウインドサーフスクールの
インストラクターによる海情報

リンク

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新ウインドサーフィン動画

最近ウインドサーフィンネタが
少ないとの指摘を頂いたので。。。
二個のウインドサーフィン最新動画の紹介。

最先端を知るには最高の教材。
ウインドサーフィンの経験がない方が見ても
「凄いかも」と感じてもらえると思います。。

動画①↓
http://www.youtube.com/watch?v=i3tuWmepckE&NR=1

一つ目はsoulwindsurfer(http://wind.ap.teacup.com/soulwindsurfer/)で
紹介されていたのですでに見た方が多いでしょうが。
パスコウスキー編集のエルジャケ撮影、最新トリック動画。

ジャンプ台になる波なんて全くない、
海で何故ここまでできるのか?
もはや解説不可能、不要。

full-portrait.jpg
登場する赤いセイルを操る黒人の方ゴリート君18歳は
世界トップレベルの選手の中でも
頭一つ抜け出したのではないでしょうか。
2006年 世界ランキング 1位
2007年 世界ランキング 2位(3戦中、2戦で優勝)

彼のセンスでフィギュア選手がやっている
スケートの3回転半とかトライしてもらいたいものです。

P1010377.jpg

写真はエルジャケに訪れたとき旧ゴリート宅前で撮影した写真。
今はこの家を取り壊して彼の賞金で建てた新居で家族12人で暮らしてます。
両親二人と彼を含めて10人の兄弟を
「僕の賞金で養っていく」と話すハングリー精神の塊。
日本人でこのような選手が生まれにくいことは確かでしょう

当時はスペイン語しか話せず、英語は練習中だったのに
世界中を周って覚えたのでしょう、今は英語でブログまで書いてます

www.gollito-v01.com



動画②↓
http://www.continentseven.com/video7next3.php?moveid=612

もう一個はアフリカ・カボベルデ共和国で
先週まで開催されたワールドカップ第一戦の動画。

風に恵まれずシングルイルミネーションしか成立しませんでしたが
NEILPRYDE,JPに移籍したブラジル出身のカウリ・シアディが優勝したようです。
日本人でカボベルデでウインドした人はいるのでしょうか??

そういえば今年は一度もまともな大西
(冬場湘南に吹く西風の強風のこと)に乗れなかった。
やっぱり寂しい。
というか年々大西減ってる気がします。
スポンサーサイト

イチローさん,どこまでいくの?

※マニアックすぎるネタでしかも長いです、途中退室OK
 
itiro1.jpg


イチローが好きです。

イチロー目当てに千葉マリンスタジアム,東京ドームまで
オリックスの試合を見に行ったくらいです。
理由は次にあったときにでも
延々お話しさせてもらいます。

毎年、様々な記録を塗り変えてきたイチロー。

現役を終える頃、
日本野球界の様々な記録を塗り替え
さらに誰も追いつくことのできない
領域まで記録を伸ばすことでしょう。

はたしてイチローは
どこまでいってしまうのでしょうか?

まず生涯安打数の日本記録は
張本勲さんの3085本。
2007年末現在、イチローは日米通産2870本なので差は215本。
今年の終盤は日本記録達成なるか?で
イチローが話題となるでしょう。

しかし、まだあまり口に出して言う人は少ないですが
イチロー本人はその先の世界記録をも
目標に見据えているのではと思います。

世界記録はピート・ローズ氏の4256本。
年間200本ヒットを打ち続けても22年かかる偉大な記録です。

その差は1386本。
現在34歳のイチローが
年間200本打ったと仮定して 7年×200本 40歳で達成。
年間231本打ったと仮定して 6年×231本 39歳で達成。

世界記録を達成したころにはメジャー通産2978本になっています。
本人は50歳まで現役といってますし
「次はメジャー通産、4000本を目指しますよ」
と記録達成インタビューで話す39歳の
イチローを見てみたいものです。

勿論アメリカメディアでは日本で記録した安打数1278本を
「レベルの低い日本での記録も含めてだから」
と世界記録とは認められないでしょうが
世界のホームランキング、王貞治さんと
肩をならべる偉大な選手になったといえるでしょう。

itiro2.jpg

何気に盗塁数も現在471個。
一位の福本豊さんの1065個(これも凄すぎる記録です)には
及ばないまでも現在二位の広瀬叔功596個をぬいて
日本ダントツ二位は間違いないでしょう。
守備の上手さも言わずもがな

ここまで全てを兼ね備えた選手が
今後野球界に登場するのでしょうか。
イチローの現役時代を
リアルタイムで見れたことに感謝です。

一度でいいから一緒に焼肉いってみたい。。。
誰か知り合いいませんでしょうか。

itiro3.jpg


終わり。

08 旅 交通機関&その他

koutu1.jpg
モロッコのバス。
マラケシュ→エッサウィラはバス移動。
ボロ過ぎるバスで席間の
スペースが席によって違う。
この写真の席なんてひどくないですか?
膝が入らないほど狭いし。




koutu2.jpg
ヨーロッパの鉄道。
乗車は券を買ってスタンプ機で時間刻印するだけ。
改札が無い線が多いんです。
日本感覚からすると無賃乗車してるようで気持ち悪い。





koutu5.jpg
ドイツでは月刊ウインド雑誌が三冊売ってました。
スペインでは二冊。
フランスでは二冊
イタリアでは一冊
やはりドイツでの人気が高いようです。






koutu6.jpg
たしかローマの桜だったはず
やっぱり日本より花の数も少なく、色も綺麗じゃない
だからヨーロッパでは人気の花にならないのでしょう






koutu7.jpg
パリのセーヌ河のハト
やはりハトさんも
一匹ずつ顔が違うんですね。





koutu8.jpg
毎年旅に出るたびに、お金に糸目をつけずに
(全くつけてないわけではない 笑)
高級ホテルに泊まり、一流レストランで食事する、
Luxury Day(贅沢をする日)を一日設けています。

今回はフィレンツェ滞在中に決行しました。
写真の「イベリコ豚のなんとかソースがけ」は
ほっぺたが落ちるといえるくらい美味、今回のベスト料理でした。
ホテルはドゥオーモ付近の築40年の自宅を改造して
貸し出してる老夫婦経営の宿に宿泊。

ドアを開けるとびっくり4部屋もある、しかも室内の階段登ると
屋上スパなんてあったりしてかなり快適でした。

しかし一日で使った金額はユーロ高も加わり
沖縄旅行にいけるくらい、うーん考え物ですね。。。。




koutu9.jpg
北京のゲテモノ串専門店。
「何の串か?」怖くて聞けない。
過去にイグアナ、ヒトデを食べた僕でも怖い。




koutu3.jpg


koutu4.jpg
ライアンエアーという航空会社をご存知でしょうか。
昨今ヨーロッパでは格安航空券戦争とでもいえるほど
格安どころか激安の航空券を
ウリにする会社が出来ては消えてと繰り返しています

写真のライアンエアーはその先駆け。
例えばキャンペーンでパリ→バルセロナ間を1ユーロ(約160円)!!の
チケットなどを販売しています。
燃油税、空港使用料、手配手数料などが加わり
結局6000円程度にはなるのですが鉄道・バスより安い。

一ユーロチケットでどうやって
利益を出すかというと徹底的な経費削減。

例えば
航空券手配は窓口を設けず、ネットのみ。
機内食、飲み物のサービス一切なし。
席は自由席 (早い者勝ち)笑
空港発着料の安い昔軍隊が使用していた空港利用
キャンペーン期間以外は普通のお値段
などなど。

不安だったので僕は
バルセロナへの移動だけしか利用しなかったのですが
事前にサービスに期待していなければ特に問題もなく
後から考えれば全区間格安航空会社利用して
おけばよかったと後悔です。

これがHP↓
http://www.ryanair.com/site/EN/
現在は5万席10ユーロキャンペーンを行っているようですね



旅日記これにて終了です。

08旅 市場編

その国の食文化を知るために
旅先で真っ先に訪れ場所、市場。

前にも紹介しましたが
スペイン・バルセロナの市場が素晴らしかった。
普通の物を普通以上に魅せるディスプレイ、もはや芸術です。

一番有名なのはランブラス通りにあるサンジョセップ市場ですが。
ここは観光場所にもなってしまっているので
そこからも歩いていける範囲内にある
他の二箇所の市場がほんとお勧めです。
バルセロナ行く機会があったら是非訪れてみてもらいたいです。

あと昔何かの本で読んだ技なのですが
海外では日本の5円、50円玉のように
穴が開いている硬貨は珍しいそうです。
なので僕は海外いくときに日本の銀行で両替して
20枚ほど5円玉を持っていきます。

見慣れない日本語が記された物珍しい
旅先で会った人に穴の開いた硬貨を渡すと
市場での値切りの交渉、会話のネタ、お世話に効果的です。
ヒモ通してネックレスにするわ、なんて人もいます。
試してみてください。




iti1.jpg
モロッコの市場。
香辛料だと思うのですが
こんな綺麗に盛られると注文しにくいですから。
しかも青いのどんな味なのだろう。





iti2.jpg
香辛料だけでもかなりの種類があります。
どう使い分けているのか聞いてみたい。
手前右側のとか石みたいだし。




iti3.jpg
イタリアの市場、何て書いてあるのかわからない、、、
ヨーロッパの中で最も見慣れない
野菜が多かったのがイタリアでした。






iti9.jpg
イタリアでは至る所で
サッカーユニフォームがお土産で売ってました。
ちなみにスペインサッカーはあれだけ
W杯でも活躍するのに代表チームに興味ある人が少なく。
リーガエスパニョールの方が盛り上がるそうです。




iti10.jpg
ベネチアでは毎年1月に仮面カーニバルを開催するらしく
いたるところで仮面が売ってました。
少々怖い。




iti4.jpg
ここからは先ほど触れた、スペインの市場。
この積み上げ方はプロのみ成せる業ですね。
でも「一番下のツヤの良いタマネギください」とか言いづらいかも。
上から買わせる作戦か??




iti5.jpg
長細かったり
変わった形のトマトが多い
味は普通と一緒でした。




iti6.jpg
サヤインゲンまで積み上げてしまうなんて。。。
素敵。
でもこれほんとにサヤインゲン?




iti7.jpg
イカって使えますよね
身も美味しいし、イカ墨もだしてくれるし。
スペインのイカ墨パエリア絶品でした




iti8.jpg
これはなんの貝でしょう。
さすがに地中海沿いの
バルセロナは魚貝類が豊富でした。

08旅 子供&大道芸人編

旅先で見かけた子供達。
彼らを見るのもその国を知るための良い方法。

特にモロッコの子供達は可愛かった。
とにかくよく働くのです。
きっと5歳くらいだろう子達が荷物運びやらを
当たり前に手伝います。
また好奇心旺盛なのか田舎町の子は
日本人の僕を見かけるとだいたい
「HELLO」とか話しかけてきます。




kid1.jpg
モロッコのマラケシュ。
ここにも頭の上に物を乗せて運ぶ文化がありました。
この子のは軽そうですが



kid2.jpg
近くの井戸で水を汲むお手伝いの帰る途中、
可愛い猫に出会ってしまい遊びたいけど
お仕事中だからどうしようか悩んでる子。
だと思う




kid5.jpg
イタリア・シエナのカンポ広場にいた子。
ハトを追いかけ、走り回ってどこかいっちゃうから。。。。。
↓↓↓↓↓↓↓↓



kid6.jpg
ママに捕まったー
こんなのをずっと繰り返す。
子供は可愛い



kid4.jpg
フランスの子供、やっぱり目が青い。
きっとイケメンフランス人になるんだろうなぁ
パパとか超イケメンだったし。





ヨーロッパでは道端の大道芸人が散歩を楽しませてくれました。
道端だけでなく地下鉄の車両の中まで
乗り込み芸を見せる人たちはちょっと
怖かったですが芸がよければ
車両内でもおひねりを渡す一般人が
多くいるのであれも文化なのでしょう。
NYでも車両内に乗り込む大道芸人がいましたが
ほとんどおひねりもらえてなかったかも。

一番凄いと思ったのは
バルセロナで見たリフティング大道芸人、
リフティングしながら
服着替えたり、座ってコーヒー飲んでました。
思わず見入ってしまい写真撮影できませんでした。
あれは凄い。



dai1.jpg
手品ショーみたいな大道芸。
芸をこなすたびに人垣が増え
結果、この人が一番稼いでました
特に子供に大人気




dai2.jpg
素敵な歌声してました。
3時間くらいは歌い続けていたのではないでしょうか





dai3.jpg
「シャボン玉で遊ぶおじ様」
ではありません。
売り子さんです、最初ほんとに遊んでるのかと思いました。
これは売れてなかった。。。。



dai4.jpg

dai5.jpg

dai6.jpg

dai7.jpg

この4人は道端でずっと、ずーっとこの格好で動かない人
おひねりを渡すと微妙に立ち姿を変えてくれます。

1番目は楽ですよね、座ってるだけだし。
2番目の人はサングラス内の目が辛そうでした。
3番目は本当彫刻にみえますよね。
4番目の人は体勢が辛いのか微妙に震えていました。

08旅 中国編

帰国の経由で一日だけ
北京に寄ることができました。

原因をご存知の方も多くいるとは思いますが
一時期、中国恐怖症となることがありました。
そこで偏見はよくないということを
重々承知し克服を目指し、
あえて一日滞在することにしました
結果沢山の魅力を発見でき
今回で完全克服したといえると思います。

これで
嫌いな食べ物、飲み物、場所、人、生き物も
全てなくなりました。

いや違う。
一種類だけを残すのみになりました。
そう、カエルです。
これだけは克服できません、、、
カエルが登場するCMとかほんと辛いです。

もしもカエルが進化して海に
生息できるようになったら、、、
海は引退かもしれません。

話しはそれましたが
北京の街の写真をご紹介いたします。


chi1.jpg
北京といえば天安門広場。
ここまで広いとは予想していませんでした。
超巨大な毛沢東さんの肖像画にもびっくり。
自分の顔があれだけ巨大に描かれる気分って
どんなものなんでしょう。


chi2.jpg
万里の長城。
月から見える唯一の建築物でしたっけ。
しかし上り階段は急でかなりハード。
4合目までいきましたがくたびれました。
まさか総延長6,352kmを全部歩いてしまった人とかいるのかな
10億人以上もいたら一人くらいいるかも。



chi3.jpg
北京流、超ミニタクシー。
荷物とともに乗ったら身動きとれず
体がケース?にはまって降りれなかったです。
恥ずかしい、、、、




chi4.jpg
高層ビルが立ち並ぶ界隈の一歩脇を入れば
まだまだ庶民的生活が垣間見れます。




chi5.jpg
8月開催の北京五輪にむけて
街は建築現場がそこら中にあります。
この写真は天安門広場から伸びる
ショッピング街の完成予想図。
しかし実際の現場は下の写真です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



chi6.jpg
このような状況。
まだ以前の建築物を取り壊している状況。
ブルドーザー、クレーン車などの重機をつかわず人力だけで
作業しているのではかどっていない
これで8月に間に合うのかな。
ここの写真を撮ろうとすると
物凄い勢いで警備員に止められました。
見せたくない一面だったのかな



chi7.jpg
北京のマンション。
窓の鉄格子は防犯対策。
3、4階でも鉄格子があるということは
それなりの治安ということを表しているのでしょう。
去年訪れたドミニカの首都サントドミンゴも
建物全てに鉄格子入ってたかも



chi8.jpg
中国版マック
日本の100円マックは
ヨーロッパでは1ユーロ(約160円)でした
中国では6元マック(約90円)
日本と10円しか変わらない。

例えば缶ビールは日本230円で
中国では60円程度と中国の物価はかなり安いので
マックはきっと高級食なのでしょう



chi9.jpg
本場の中華料理は美味しかったです。
しかも安くて量が多い。
長期いたら確実にメタボ。
この小皿は一皿5元=95円でした。




chi10.jpg
昨年のカリブ海トリップでイグアナを食してしまった僕。
なんと今回はヒトデの串焼きを食してしまいました。
感想は「味の薄い濡れ煎餅?」
二度目はないな。


chi11.jpg

chi12.jpg

まだまだ都会と田舎が共存する北京。
人々を見た感じの印象は
会話を重んじて人付き合いをする印象。
暖かい中国人にも沢山出会うことができました。

08旅 イタリア編

帰国しました。
泊まる宿も、移動交通手段も行き当たりばったりで
探したため様々なトラブル、ハプニングにも
見舞われましたがお陰で良い仲間にも沢山巡りあい
楽しむことができました。

これからは撮ってきた写真とともに
旅日記を書いてみようと思います。

まずはイタリア編
たしか世界遺産が世界一多い国でしたよね。
見所が沢山ありすぎて食事も美味しくて
次回は長期で訪れたい国の一つになりました。



it1.jpg
it1a.jpg
「ベネチア」
朝一は15m先も見れないくらいのかなりの霧で
観光どころではないかと思いましたが
午前10時を過ぎたころから一気に霧がはれてきました。

水辺のある環境にくると
「ここでウインドサーフィンできるか?診断」を
する癖がある僕ですが、
ベネチアの診断結果は、、、、、

不可でしょう。
理由→橋が多いのでマストが当たってしまうから
レイダウンジャイブ?いやいやそんな川幅はありません。



it2.jpg
「フィレンツェ」
究極な橋の有効利用。
あんな棒で支えてて大丈夫なのでしょうか
家族全員が端っこに寄ったら、、、、
川に落ちてしまいそう。




it3.jpg
「シエナ」
景色の写真を見て急遽、訪れることにしたシエナの街。
茶色の建物が良い味だしてます。
この街の雰囲気がイタリアで一番気に入りました。




it4.jpg
「ローマ」
バチカン共和国のサンピエトロ宮殿内部。
カトリック教徒の聖地。
ここは今回の旅ベスト3には入る建築物でした。




it5.jpg
ちょうど訪れた日は、
お昼からローマ法皇がお話しをする日。
物凄い数の人が見学にきていました。




it6.jpg
このバチカンを警備するのはこんな格好をした人達。
動きにくくないんかな、その格好で警備できます??って聞いてみたいです。




it7.jpg
カッコいいものが多く
どれも素敵な建築物なのに
このオジサマ彫刻はなんなんでしょうか。
決してイケテナイですよね




it8.jpg
街角で買ったピザ。超特大。
チーズとろけるし、サラミ絶品だし
美味しすぎでした




it9.jpg
はじめて食べたアンティチョーク。
これ旨い、日本でも買えるのかな。
ちびまるこちゃんの永沢君似。




it10.jpg
トレビの泉のそばの夕日。
僕にとっての「ローマの休日」は
あっという間に終わってしまいました。
もっと長く滞在したかった、、、

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。